サステナビリティ

  1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

ショクリューは、自社の強みである
流通サービス力を活かし、
サステナブルで美味しい水産物の
供給に努めてまいります

2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」や、気候変動対策に関する「パリ協定」は、すべての経済活動に対して持続可能性への取り組みが重要と説いています。SDGsが示す、2030年までに世界が達成すべき17の目標と169のターゲットは、人類の発展に必要な重要課題を説き、一人ひとりの日々の行動と意識をサステナブルなものへと変える、大きなきっかけとなっています。

日本社会においても、政府、地方自治体、教育・研究機関そして民間企業で、SDGsへの貢献を推進する動きが活発となり、様々な利害関係者と共に、持続可能な社会づくりを行っています。また、東京オリンピックや大阪万博など国際的なイベントを通じて、わたしたちの食品を取り巻く環境も大きく変化し、水産物に対してもサステナブル・シーフードとして持続可能性への要求が、今後更に高まると思われます。

SDGs14番の目標「海の豊かさを守ろう」が示すとおり、水産資源の減少、生態系の破壊、違法漁業など、持続可能な水産業の実現に向けて解決すべき課題がたくさんあります。日本としても、世界トップクラスの排他的経済水域(EEZ)を誇り、水産資源の生産・消費大国であるため、どれも身近な取り組むべき課題と言えます。水産資源が減少して最も困る国民は、わたしたち日本人ではないでしょうか。

長年、ショクリューは、日本そして世界各地の豊かな海が育む恵みを、お客様とともに享受してきました。

その感謝を行動へと変え、
ショクリューは2022年3月までに、「全拠点」でMSC/ASCのCoC認証の100%取得を目指します。

ショクリューがCoC認証を取得しお客様のサステナブル・シーフードへの取組みをお手伝いすることで、水産資源の適切な管理と持続的な利用への取り組みを、お客様とともに推進していきたいと思います。
そして、SDGsへの取り組みを企業の社会的責任と認識し、私たちの豊かな魚食文化を支える海洋環境が資源で溢れ、水産業に貢献する人々が持続的に成長できる社会の実現を目指していきます。

2020年4月
株式会社ショクリュー
代表取締役社長
梅島 信也