会社情報

社長メッセージ

代表取締役社長 梅島 信也 ショクリューは食品のプロとしてお客様になくてはならない存在でありたい。 代表取締役社長 梅島 信也

ショクリューは「食品流通サービス業」を目指します。

株式会社ショクリューは2008年4月1日に、大栄太源株式会社、株式会社スイチョク、やまは食品株式会社の3社が合併し、スタートいたしました。

これからも全従業員が結束して、これまで以上の商品やサービスの提供に努力し、目標とする「食品流通サービス業」を展開していきたいと考えています。そのためには、3社の経営資源を有効に活用することで、そのシナジー効果を事業に結び付けてまいります。

営業マン一人ひとりは「食品のプロ」です。

ショクリューの営業マンは、一人ひとりが食品のプロとしての自覚をもって営業活動をおこないます。流通業者をとりまくニーズは、食品に対する安全性・信頼性の確保にウエイトが置かれています。JAS法や食品衛生法、食品表示法等の食品に関する法令知識はもとより、その運用を正確にお客様へお伝えすることが重要になってきています。プロとしての責任を持って安全・安心な商品を販売することこそ、企業としての責任であると認識しております。

顧客起点で「企画開発」、顧客起点で「価値の提案」を。

お客様の声を起点として、量販店、外食・中食などの業態チャネルへ「ニーズに対応した商品」をお届けするため、商品の企画・開発から調達そして販売まで、ショクリューは独自の商品ノウハウや営業ノウハウを駆使して「価値の提案」をおこなってまいります。

地域を基軸とした拠点ネットワークでお客様の満足度向上を実現したい。

ショクリューでは、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州と全国に営業拠点を設けています。地域の特性に応じた営業活動を展開することにより、お客様へのきめ細かな対応を図ってまいります。

独自の水産物流通システムを構築していきます。

食品、なかでも水産物はわれわれのコア商品です。外食・中食の店頭や量販店の売場に、「鮮魚、冷凍魚、塩干品など」高鮮度の水産物をお届けできるよう、ショクリュー独自の水産物流通システムを構築していきます。調達、加工、配送、そして販促活動のすべてが最適であり、かつ、顧客起点のマーケティングを充実させ、「お客様により近い」商品を提供していきたいと考えております。

↑このページのトップへ