会社情報

沿革

旧大栄太源(株) 旧(株)スイチョク 旧やまは食品(株)
1949 大栄水産設立、資本金100万円
黒門市場と東京小田原町(現築地)で営業を開始
大阪水産物販売株式会社を設立  
1950   大阪水産物直売株式会社に社名を改称 (有)金丸水産を設立資本金450万円
1954     金丸水産(株)となり、資本金1,000万円に増資
1959 大阪魚市場株式会社より2100万円の資本参加を得て、資本金を6000万円に増資
会社を分割し、東京に株式会社太源を設立
   
1960 会社を分割し、四国、九州地区に大栄食品株式会社を設立    
1961     資本金2,200万円に増資
1962 築地に太源ビル(鉄筋6階建て)新築
香港主体にタイ、台湾、ベトナムより海老輸入開始
   
1965 大栄水産、太源、大栄食品の3社を合併、資本金1億円。社名を大栄太源と改める。    
1968     資本金3,300万円に増資
1969 福岡支社および小倉営業所新築移転    
1970     資本金5,000万円に増資
1977 東京、大阪、福岡の3支社制を採用。その統括部門として 営業本部を設ける。    
1980     金丸水産(株)より商事部門を分離し、金丸商事(株)(のちの「やまは食品(株)」)を資本金500万円で唐津市に設立
1981   資本金を 8,000万円に増資 本社を福岡市東区に移転
1982     資本金2,000万円に増資
1983     本社を福岡市中央区に移転
1988 タイ国バンコクに現地法人
「DAIEI TAIGEN (THAILAND) CO.,LTD.」設立
公募による新株式発行、資本金22億5233万円余となる。
大阪証券取引所市場第2部に株式上場。
  社名を㈱西日本食販に変更
九州直販㈱の商事部の営業を譲受ける
1990     資本金5,000万円に増資
1991 第42期(平成3年3月期)売上高 1,116億円となり、1,000億円の大台を突破 社名を株式会社スイチョクと改称  
1992   資本金を 1億 210万円に増資 資本金7,500万円に増資
1993 資本金 52億1,178万円 に増資   社名を(株)西日本食販よりヤマハ食品(株)に変更、金丸食品(株)「旧金丸水産(株)」と合併、合併により資本金12,500万円に変更。合併に伴い発生した自己株式の償却により資本金10,325万円に変更
1994 本社事務所を日本橋センタービルに移転    
1995   大阪市此花区内(舞洲)に大阪本社新物流加工センター竣工。大阪本社の物流課を分離し、舞洲流通センター(株)を大阪魚市場(株)他との共同出資により設立。  
1996     福岡市中央区に本社ビルを新築し移転
1998   ダイワサミット(株)を設立し、米飯事業を開始する。  
1999 「創立50周年記念のつどい」を開催    
2001   資本金を 3億3,360万円に増資 帝人冷蔵(株)を合併
2003 本社と大阪事務所を日本橋センタービルから堺筋本町センタービルに移転。    
2004     社名をヤマハ食品(株)より、やまは食品(株)に変更
2005 ISO9001HACCPの認証取得。
中国・上海に現地法人 EBIX TRADING (SHANGHAI) CO.,LTD.
アメリカ・シアトルに現地法人 EBIX TRADING (SEATTLE) CO.,LTD.を設立。
  やまは食品㈱より加工部門を分離し、かなまる(株)を設立。 資本金は3,000万円
2007 大分工場を閉鎖。宇部工場に統合。
長洲営業所を閉鎖。
(株)川崎太源を閉鎖、横浜営業所に統合。
(株)大京 大田店を閉鎖、築地店に統合。
(株)大京 柏店を閉鎖、浦安営業所に統合。
OUGホールディングス株式会社による完全子会社化にともない、大阪証券取引所において非上場となる。
   
2008 大栄太源(株)、(株)スイチョク、やまは食品(株)の三社が合併し、社名は株式会社ショクリューとなる。
EBIX TRADING(SEATTLE)CO.,LTD.を閉鎖
2009 EBIX TRADING(SHANG HAI)CO.,LTD.を閉鎖
岩国工場を閉鎖。
2010 中四国支店を中四国支社へ昇格する。
海外開発部を東京に集約する。
佐賀営業所を閉鎖し福岡営業所に統合。
"食品表示への取組を熱心に行っている団体"として食品表示検定協会より表彰を受ける。
2012 本社事務所を本町(大阪市中央区)から創業の地である日本橋に移転する。
岐阜営業所を開設。
北陸営業所を閉鎖し、中部支社に統合。
2013 中四国支社を廃止し、4支社体制とする。
鶴橋販売所、木津販売所を閉鎖。
2014 大阪南営業所を移転し、併せて名称を大阪営業1課とする。
大阪営業2課を新設。
宇部営業所を移転し、併せて名称を山口営業所と変更する。

↑このページのトップへ